忍者ブログ

ひやしあめよばれよ(*`ヽ´)

これキッカケやねん(^O^)なるようになるてホニョッといきましょ。 (^^)舞台も映画もLIVEも∞たちょ∞も(^^) ~ひとことだけでもつぶやこう~

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

携帯サイトにて『鏡花水月』着メロ配信中です。
http://hissatsu2009.asahi.co.jp/mobile.html


『必殺仕事人2009』始まりました♪
先日は番宣のみを書いただけで、本編すぐに見たのにそのまま放置してました。
もう既に連続ドラマにまで突入してます。
一気に書いちゃいます!!!(でも、たぶん源太(たっちょん)を中心に書いているのでご容赦を)

SP(2009年1月4日放送)
源太、20分過ぎにようやく登場♪
亡き恋人のめし処を(亡き恋人の)息子の作太郎とともに切り盛りしている…といいたいところだが、
源太はなかなか料理を段取りよく作れず作太郎に叱られながらやっている。
源太はたとえ亡き恋人の恨みを晴らすためとはいえ仕事人となったことに苦悩しているよう。
でもまたしても心痛める出来事が。。
仕事人としてのことを遂行するもその後、その汚れた手を冷たい川の水で洗っている姿が…(涙)
その時の涼次の言葉が印象的やったかな。。

たっちょんがwebでアップしてくれてたロケ場所の橋のシーンは、亡くなった人を葬送するための行列の時でしたね。
光と影が印象的で美しくて哀しさが余計に。。
そういえば源太は恋人を葬送する時にも(この時は夕日の赤が印象的でした)。
源太は送ってばかりやな。。

ロケシーンで涼次がグシと汚そう~な川に飛び込んだ橋・・、これは長岡京の八条ヶ池っすね?
あとグシが物思いにたたずんでいた浜辺と言うのかその先は海っぽいが、その後方には京都伏見のあの酒造と手前は高瀬川の土手になっとるんですが、酒造さんの後方にいきなりお城がーーー(;^。^A アセアセ・・
そりゃ時代劇だからね、映っちゃいけないもんもありますが、でもあのお城は桃山城ではないですよね?

なんと、グシが斬られてしまうなんて・・・。
そのままなんとなぁ~く、涼次といい雰囲気?になろうとしていたのに。。
グシの亡骸の前で語る涼次、グシの形見を前に料理を出して語る涼次、そんなシーンに涙です。。



第1話(2009年1月9日放送)
源太、ホストにスカウトされる!!
現代における時事ネタなどで構成されてる必殺仕事人2009ですが、SPでは高齢問題、リストラ、などなどと。。
第1話はホスト。
源太登場は15分も過ぎた頃だったでしょうか。。
とりあえず出前持って美景庵へ探り?そこでスカウトされちゃいます(^。^;;

今回、悪役で登場している中村俊介さん(直助=信次)が追ってに追われて逃げる時に屋根の上に逃げ込みますが、すごい雨も降ってくるんですよね、そこでなんと現れたのが…涼次!!!と言いたいところですが、信次を逃す手助け?したお絹(小林涼子)が雨で滑りやすいはずの屋根の上に上がって…直助に語りだすんです。。
ありえな~い!!ですが、まぁそこは。。(^。^;;
お絹を演じた小林涼子ちゃんは「魔王」ではサイコメトラーな女の子役でした。

予告で渡辺小五郎が「ウソツキ…」と言う言葉がずーっと耳に残ってしまってましたが、あのラストシーンやったんですね。

第1話ではあまり源太の登場シーンと言うものも絡みも少なかったんですが、一応仕事人としては仕事をこなしはしていますが、まだまだ葛藤があるんですよね。
でも連続ドラマとなると1時間内ですからね、いろいろ描かなきゃいけないことが多すぎるってことで、公式ページhttp://hissatsu2009.asahi.co.jp/にて監督の石原興さんが語ってますので一部抜粋します。
源太は、顔も二枚目で、非常に真面目な青年です。彼の殺しはファッション化したらダメなんですよね。震えを持って真剣に人を殺める、そういうところを描いてあげないといけない。本当はそれを第1話でも出せたら良かったんですけどね。人を殺した後、裏のドブでゲロを吐いてるとか。でも、レギュラーになると放送時間が短いんでそこまで描くのは難しいんですよ。ただスペシャルでは描けたので、まあいいかなと。

この監督さんはSPで源太にと言うか、メイキングで見るとたっちょんに水ぶっ掛けたり、屋根の上からなんかドデカイものを落としたりと凄いことやってるんですよね(^。^;;
まぁ当たらないようにやってることとは言え。。( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(ェ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;) 




第2話(2009年1月16日放送)
今回のお話しは稽古中の体罰とか無差別殺人。
源太もいっぱいお話しにからんできます。
そしてメチャメチャ悲しい泣ける話です(ノ_δ。)

源太登場はもうすぐと言ってもいいくらいですよ。
境内でからくりの商売をしているのか、ただ子供たちに披露しているのか定かでないですが…(^。^;;
そこで武士たちに絡まれ殴られ蹴られ(ノlllll;´□)ノ!!
そんなところを助けてくれたのは佐藤数馬(忍成修吾)です。
忍成くんはわりと屈折した役どころが多いのですが、これはメチャメチャ母思いの心優しいお侍役でした。
源太とも親しくなって…けど、後にあんな残酷なことが起ころうとは!!
源太もまたもや心痛めて悲しんで…(ノ_δ。)
仕事の依頼人は源太です、が仕事料がありません。
でも涼次が数馬の母への涼次の表の仕事の手間賃を渡せぬまま数馬も殺され、その本当の死の真相を知った数馬の母も無残に殺されてしまい、その手間賃を仕事料として差し出しました。

源太の相手は数馬を死に追いやった張本人ですが、凄い剣の使い手!!…まともに相手すれば源太の方が危ないです。。現に仕事としてする前に探りで忍び込んだところで危うく!!!
危ないことはやめてくださいまし。。
しかし事前に花御殿のお菊(和久井映見・仕事の情報屋)が仕事する奴らをメチャメチャ酔わしたものの…源太の相手は図体もデカイし、泥酔しているような感じでもかなり手強く、源太…苦戦でした!!

源太のくやし顔の涙が印象的でした。。


 

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

おこしやす

記事内容に関係のないコメント・トラバは削除させていただきます。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
きばりん
性別:
非公開
自己紹介:
●○-since2008.4.1-○●

★京都伏見生まれのB型。
★舞台もミュージカルもライブも大好きどす。
☆日々、たちょとましゃにハマっているでありんす。
◎憧れだったRICOH CX5とiPhone4で写真をいっぱい撮ってます。

●○今後のスケジュール○●
+++++++++++++++++
+++++++++++++++++
☆2011.7.21
コブクロLIVE2011TOUR@大阪城ホール
☆2011.7.31
福山雅治LIVE BANG!!@大阪城ホール
+++++++++++++++++
☆2011.8.6
三銃士@帝国劇場
☆2011.8.7
福山雅治LIVE BANG!!@代々木第一体育館
☆2011.8.11
髑髏城の七人@梅田芸術劇場メインホール
☆2011.8.21
ピーターパン@兵庫県立芸術センター大ホール
+++++++++++++++++
☆2011.9.4
奥様お尻をどうぞ@シアタードラマシティ
☆2011.9.24
市川亀治郎の芸魂@NHK文化センター梅田
+++++++++++++++++
☆2011.10.10
ロミオ&ジュリエット@梅田芸術劇場メインホール
☆2011.10.19
ロミオ&ジュリエット@梅田芸術劇場メインホール
+++++++++++++++++
+++++++++++++++++

最新CM

[06/10 きばりん]
[06/10 るか]
[05/31 きばりん]
[05/30 melody]
[05/30 きばりん]

ブログ内検索

メールフォーム

バーコード

アクセス解析

忍者ポイント広告

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ひやしあめよばれよ(*`ヽ´) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]